Windows10のChromeでリーダーモードを無効または有効にする方法

リーダーモード(Reader Mode)機能が、デスクトップバージョンのChromeブラウザ(Chrome browser)で利用できるようになりました。この機能を使用すると、一部のWebページを読みにくくするWebの気を散らすものや不必要なポップアップを取り除くことができます。ただし、この機能はデフォルトで非表示になっており、新しい名前、つまり蒸留モード(Distill mode)が付属しています。このガイドでは、Chromeでリーダーモードを無効または有効にする2つの方法について説明しまし(Chrome)(Mode)

Chromeで(Chrome)リーダーモード(Reader Mode)を有効または無効にする

以前は、Chrome(Chrome)Android用の(Android)リーダーモード(Reader Mode)が登場していました。その後、同社はWindows10にも同様のサポートを展開することを計画していました。試してみるには、次の提案に従ってください。

  1. 設定を介して
  2. フラグの使用

両方の方法を詳細に説明しましょう。

1]設定を介して

[設定]でリーダー(Settings)モード(Mode)を有効または無効にするには、次の手順に従います。

  1. GoogleChrome(Update Google Chrome)を最新バージョンに更新します。
  2. [ GoogleChromeのプロパティ(Google Chrome Properties)]ダイアログボックスを開きます。
  3. [ターゲット](Target)ボックスにコマンドを追加して、リーダーモードを有効にします。
  4. [ターゲット](Target)フィールドからコマンドを削除して、リーダーモードを無効にします。

それらを詳しく見てみましょう:

プロセスを開始する前に、まず、最新のGoogleChrome(Google Chrome)がインストールされているかどうかを確認する必要があります。利用可能なアップデートがある場合は、ダウンロードしてインストールします。プロセスが完了したら、[再起動]ボタンをクリックして(Relaunch)変更を有効にします。

Chromeブラウザを最新バージョンに更新したら、 Chromeアイコンをタスクバーに固定していることを確認してください。

その後、Chromeアイコンを右クリックします。オプションリストで、もう一度[ Google Chrome(“Google Chrome”) ]を右クリックし、以下のスナップショットに示すように[プロパティ(Properties)]ボタンを選択します。

Chromeでリーダーモードを有効または無効にする

[プロパティ(Properties)]ボタンをクリックすると、[ GoogleChromeのプロパティ(Google Chrome Properties)]ダイアログボックスが開きます。

[ショートカット]タブの[(Shortcut)ターゲット(Target)]ボックスの横に、 ChromeアプリケーションのEXEファイルパスがあります。テキストの最後に以下のフレーズを追加します。

--enable-dom-distiller

[設定]でChromeのリーダーモードを有効または無効にします

追加したら、[適用]、[ (Apply)OK ]ボタンの順にクリックして変更を保存します。

これで、フラグがアクティブになりました。この機能を使用するには、3つのドットをクリックして、メニューリストから[蒸留ページ]オプションを選択します。(Distill)気を散らす広告や他のページ要素なしで、現在のWebページをリーダーモードで表示し始めます。(Reader Mode)

この機能を無効にするには、 Chromeブラウザの[プロパティ](Properties)ウィンドウを開きます。次に、[ショートカット]タブの[(Shortcut)ターゲット(Target)]フィールドから追加されたフレーズを削除します。

リーダーモードを無効にすると、ブラウザのメニューリスト(3点線)から[ページの蒸留]オプションも削除されることがわかります。(Distill)

2]フラグ(Use Flag)を使用してChromeのリーダー(Chrome)モード(Mode)を無効または有効にします

フラグを使用してリーダーモード(Reader Mode)を有効にするには、以下のガイドラインに従ってください–

Chromeブラウザを開き、以下のリンクをアドレスバーに入力します。

chrome://flags/#enable-reader-mode

(Press)Enterキーを押して、フラグページ(Flag)直接開きます。

使用可能なフラグのリストで、「リーダーモードを有効にする」フラグが黄色で強調表示されていることにはっきりと気付く場合があります。

ドロップダウンメニューを選択し、[無効(Disabled)]オプションからフラグを[有効(Enabled)]に切り替えます。その後、[再起動]ボタンをクリックして(Relaunch)変更を有効にします。

フラグを使用してChromeのリーダーモードを有効または無効にします

同様に、気が変わってフラグを元に戻したい場合は、フラグを再度無効にすることができます。

したがって、リーダーモードを無効にするには、フラグページを開き、[(Reader Mode)リーダーモード(Reader Mode)を有効にする]オプションの横にあるドロップダウンメニューを選択します。

次に、フラグを[無効(Disable)] または[デフォルト]に設定し、[再起動(Default)](Relaunch)ボタンをタップして変更を有効にします。

このガイドがお役に立てば幸いです。これで、Chromeの(Chrome)リーダーモード(Reader Mode)の邪魔にならない、すっきりとした環境を楽しんでいただけます。