Windows10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする

Windows 10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする: (Clean Disk using Diskpart Clean Command in Windows 10: )データの破損やその他の問題が原因で、PCに接続したときにSDカードまたは外部ストレージデバイスが機能しないことをほとんどすべての人が経験しており、デバイスをフォーマットしても問題が解決しないようです。同様の問題が発生している場合は、いつでもDiskPartツールを使用してデバイスをフォーマットすると、再び機能し始める可能性があります。これが機能するためには、デバイスに物理的またはハードウェアの損傷がないようにする必要があります。また、 Windows(Windows)で認識されない場合でも、デバイスはコマンドプロンプト(Command Prompt)で認識される必要があります。

DiskPartは、Windowsに(Windows)組み込まれているコマンドラインユーティリティであり、(DiskPart)コマンドプロンプト(Command Prompt)で直接入力を使用して、ストレージデバイス、パーティション、およびボリュームを管理できます。Diskpartには、ベーシックディスクからダイナミックディスクへの変換、ダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換、パーティションのクリーンアップまたは削除、パーティションの作成などに使用できる機能など、多くの機能があります。ただし、このチュートリアル(Diskpart)は、DiskPartの「Clean」コマンドは、ディスクをワイプして未割り当てのまま初期化されないままにするため、Windows10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする方法を(How to Clean Disk using Diskpart Clean Command in Windows 10.)見てみましょう。

Windows10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする方法

MBRパーティション(マスターブートレコード(Master Boot Record))で「Clean」コマンドを使用すると、 MBRパーティションと非表示セクター情報のみが上書きされます。一方、GPTパーティション(GUIDパーティションテーブル)で「 Clean」コマンドを使用すると、上書きされます。保護MBRを含む(Protective MBR)GPTパーティションを上書きすると、非表示のセクター情報は関連付けられません。Cleanコマンドの唯一の欠点は、ディスク上のデータに削除のマークを付けるだけで、ディスクを安全に消去できないことです。ディスクからすべてのコンテンツを安全に消去するには、「クリーン」を使用する必要があります(Clean)すべて」コマンド。

これで、「すべてをクリーンアップ」コマンドは「すべてをクリーン(Clean)アップ(Clean)」コマンドと同じことを実行しますが、ディスクのすべてのセクターを確実にワイプして、ディスク上のすべてのデータを完全に削除します。「すべてクリーン(Clean)」コマンドを使用すると、ディスク上のデータを回復できないことに注意してください。したがって、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルを使用して、Windows10で(Windows 10)DiskpartCleanコマンド(Diskpart Clean Command)を使用してディスクを(Disk)クリーン(Clean) アップする方法を見てみましょう。

Windows10で(Windows 10)DiskpartCleanコマンド(Diskpart Clean Command)を使用してディスク(Disk)をクリーンアップする

 何か問題が発生した場合に備えて、必ず 復元ポイントを作成してください。(create a restore point)

1.Windowsキー+Xを押してから、コマンドプロンプト(管理者)を選択します。( Command Prompt (Admin).)

管理者権限を持つコマンドプロンプト

2.クリーニングするドライブまたは外部デバイスを接続します。(Connect the drive or external device which you want to clean.)

3.次のコマンドをcmdに入力し、 Enterキー(Enter)を押します。

diskpart

diskpart

4.次に、使用可能なすべてのドライブのリスト(list of all the drive available)を取得する必要があります。そのために、次のコマンドを入力してEnterキー(Enter)を押します。

リストディスク(list disk)

diskpartlistdiskの下にリストされているディスクを選択します

注:(Note:)クリーニングするディスクのディスク番号を慎重に特定してください。たとえば、ドライブのサイズを確認してから、クリーニングするドライブを決定する必要があります。誤って他のドライブを選択した場合、すべてのデータが完全に消去されるため、注意してください。

クリーニングするディスクの正しいディスク番号を特定するもう1つの方法は、ディスクの管理を使用することです(Disk Management)Windows Key + Rを押してから、diskmgmt.mscと入力し、 Enterキーを押します。次に、クリーニングするディスクのディスク番号を書き留めます。

diskmgmtディスク管理

5.次に、diskpartでディスクを選択する必要があります。

select disk #

注:(Note:) #を、手順4で特定した実際のディスク番号に置き換えます。(Replace)

6.次のコマンドを入力してディスクをクリーンアップし、Enterキーを押します。

綺麗(clean)

また

すべてをきれいにする(clean all)

Windows10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする

注:(Note:) Cleanコマンドはドライブのフォーマットをすばやく完了しますが、「Clean all」コマンドは安全な消去を実行するため、実行が完了するまでに320GBあたり約1時間かかります。

7.次に、パーティションを作成する必要がありますが、その前に、次のコマンドを使用してディスクがまだ選択されていることを確認してください。

リストディスク(list disk)

list diskと入力します。ドライブがまだ選択されている場合は、ディスクの横にアスタリスクが表示されます。

注:(Note:)ドライブがまだ選択されている場合は、ディスクの横にアスタリスク(*)が表示されます。

8.プライマリパーティションを作成するには、次のコマンドを使用する必要があります。

パーティションプライマリを作成します(create partition primary)

プライマリパーティションを作成するには、次のコマンドを使用する必要がありますcreate partition primary

9.次のコマンドをcmdに入力し、 Enterキー(Enter)を押します。

パーティション1を選択します(select partition 1)

cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押してパーティションを選択します1

10.パーティションをアクティブとして設定する必要があります。

アクティブ(active)

パーティションをアクティブとして設定する必要があります。単にactiveと入力してEnterキーを押してください。

11.次に、パーティションをNTFS(NTFS)としてフォーマットし、ラベルを設定する必要があります。

format FS=NTFS label=any_name quick

次に、パーティションをNTFSとしてフォーマットし、ラベルを設定する必要があります

注:(Note:) any_name(Replace)は、ドライブに名前を付ける名前に置き換えてください。

12.次のコマンドを入力してドライブ文字を割り当て、Enterキーを押します。

assign letter=G

次のコマンドを入力して、ドライブ文字を割り当てます。assignlette = G

注:(Note:) 文字Gまたは選択した他の文字が他のドライブで使用されていないことを確認してください。(Make)

13.最後に、exitと入力して、 DiskPartとコマンドプロンプトを閉じます。

おすすめされた:(Recommended:)

これで、Windows10でDiskpartCleanコマンドを使用してディスクをクリーンアップする方法を(How to Clean Disk using Diskpart Clean Command in Windows 10)正常に学習できましたが、このチュートリアルに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで質問してください。