Windows10で機能更新のセーフガードを無効にする方法

セーフガードホールド(Safeguard Hold )( 互換性ホールドまたは更新ブロックとも呼ばれます)は、ハードウェア、ソフトウェア、または設定に既知の互換性の問題がある場合に、 Microsoftがデバイスに新しいWindows10 機能の更新を提供できないようにする場合です。(Feature Update)この投稿では、Windows10で機能更新のセーフガードホールドを簡単に無効にする方法(Windows 10)紹介(Feature Updates)(Safeguard Hold)ます。

セーフガードホールドは、 (Safeguard)BSODのクラッシュ(BSOD crashes)パフォーマンスの問題(Performance issues)、デバイスが機能しない、一般的なシステムの不安定性など、Windows10の重大な問題を防ぐことを目的としています。

注意(Caution):セーフガードホールドをオプトアウトすると、デバイスが既知のパフォーマンスの問題のリスクにさらされる可能性があります。オプトアウトする前に、影響が許容できることを確認するために、堅牢なテストを完了することを強くお勧めします。

機能更新(Feature Updates)のセーフガードを無効にする

2020年10月のパッチ火曜日の更新を適用した後( Windows 10バージョン20H2(Windows 10 version 20H2)と混同しないでください)、デバイスが機能の更新の準備が整っていない場合でも、最終的にアップグレードブロックをバイパスできます。

2つの方法のいずれかで、Windows10の機能更新のセーフガードホールドを無効にするかバイパスできます。

  1. ローカルグループポリシーエディター
  2. レジストリエディタ

これら2つの方法の説明を見てみましょう。

1]ローカルグループポリシーエディター(Local Group Policy Editor)を使用してセーフガードを無効にする

機能更新のセーフガードホールドを無効にする

以下をせよ:

  1. Windows key + Rを押して、[実行]ダイアログを呼び出します。
  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスgpedit.mscで、Enterキーを押して、グループポリシーエディターを開き(open Group Policy Editor)ます。
  3. ローカルグループポリシーエディター(Local Group Policy Editor)内で、左側のウィンドウを使用して以下のパスに移動します。
  4. Computer Configuration > Administrative Templates > Windows Components > Windows Update > Windows Update for Business
  5. 右側のペインで、[機能の更新のセーフガードを無効(Disable safeguards for Feature Updates)にする]をダブルクリックして 、そのプロパティを編集します。
  6. プロパティウィンドウで、ラジオボタンを[有効(Enabled)]に設定します。
  7. [適用](Apply) >[ OK]をクリックして、変更を保存します。

Enable this setting when Feature Updates should be deployed to devices without blocking on any safeguard holds.?Safeguard holds are known compatibility issues that block the upgrade from being deployed to affected devices until the issue is resolved.?Enabling this policy can allow an organization to deploy the Feature Update to devices for testing, or to deploy the Feature Update without blocking on safeguard holds.

Windows 10 Home Editionのユーザーは、ローカルグループポリシーエディター(add the Local Group Policy Editor)を追加してから上記の手順を実行するか、以下のレジストリ(Registry)方法を試すことができます。

2]レジストリエディタ(Registry Editor)を介してセーフガードを無効にする

機能更新のセーフガードホールドを無効にする-1

これはレジストリ操作であるため、必要な予防措置として、レジストリをバックアップする(back up the registry) か 、システムの復元ポイントを作成する ことをお勧めします。完了したら、次のように進めることができます。

  • Windows key + Rを押し  て、[実行]ダイアログを呼び出します。
  • [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで、  notepad Enterキーを押して入力し、メモ帳を開きます。
  • 以下の構文をコピーしてテキストエディタに貼り付けます。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate]
"DisableWUfBSafeguards"=dword:00000001
  •  次に、メニューから [ファイル(File)]オプションをクリックし、  [名前を付けて保存(Save As) ]ボタンを選択します。
  • ファイルを保存する場所(できればデスクトップ)を選択します。
  •  拡張子 が.regの名前を入力し ます(例: Disable_SafeguardHold.reg)。
  • [ファイルの種類(Save as type) ]ドロップダウンリスト から[ すべてのファイル](All Files)を選択 します。
  • (Double-click)保存した.regファイルを(.reg)ダブルクリックしてマージします。
  • Run > はい(Yes) (UAC)]>[ Yes > OK ]をクリックし  てマージを承認します。
  • 必要に応じて、 .reg(.reg)ファイルを削除できるようになりました。
  • デバイスを再起動します。

これで、Windows10の(Windows 10)機能更新(Feature Updates)のセーフガードホールドを無効にする方法は終わりです。

デバイスが新しいWindows10バージョンをインストールすると、以前に有効にされていたとしても、機能更新の無効化セーフガードグループポリシーは[(Disable safeguards for Feature Updates)未構成(Not configured)]に戻ります。これは、管理者が、新機能の更新ごとに既知の問題からMicrosoftのデフォルトの保護を意識的に無効にすることを保証するためです。

読む(READ)セーフガードグループポリシーで構成された機能の更新を展開する方法。(How to deploy Features Updates configured with Safeguard Group Policies.)