チェックディスクユーティリティ(CHKDSK)を使用してファイルシステムエラーを修正する

チェックディスクユーティリティ(CHKDSK)を使用したファイルシステムエラーの修正:(Fix File System Errors with Check Disk Utility (CHKDSK):) チェック(Check)ディスクユーティリティは、ハードディスクにエラーがないことを確認することにより、コンピュータの問題を解決し、コンピュータのパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。 CHKDSK(チェックディスクと発音)は、ディスクなどのボリュームのステータスレポートを表示し、そのボリュームで見つかったエラーを修正できるコマンドです。

CHKDSKは基本的に、ディスクの物理構造を検査することにより、ディスクが正常であることを確認します。失われたクラスター、不良セクター、ディレクトリエラー、およびクロスリンクされたファイルに関連する問題を修復します。ファイルまたはフォルダ構造の破損は、システムのクラッシュやフリーズ、電源の不具合、コンピュータの電源のオフなどが原因で発生する可能性があります。何らかのエラーが発生すると、それが伝播してさらにエラーが発生する可能性があるため、定期的なディスクチェックが一部になります。良好なシステムメンテナンス。

チェックディスクユーティリティ(CHKDSK)を使用してファイルシステムエラーを修正する(Fix File System Errors with Check Disk Utility (CHKDSK))

CHKDSKは、コマンドラインアプリケーションとして実行することも、グラフィカルユーザーインターフェイスで実行することもできます。後者は一般的な家庭用PCユーザー(PC user)にとって最良のオプションなので、グラフィカルユーザーインターフェイスを使用してチェックディスクを実行する方法を見てみましょう。

1.ウィンドウエクスプローラーを開き、チェックディスクを実行するドライブを右クリックして、(Right-click)プロパティ(properties)を選択します。

チェックディスクのプロパティ

2.プロパティで、ウィンドウをクリックしてツールをクリックし、[エラーチェック(Error Checking )]で[チェック( the Check)]ボタンをクリックします

エラーチェック

チェック(Check Disk)するディスクがまだシステムプロセスによって使用されているためにディスクのチェックを開始できない場合があります。そのため、ディスクチェックユーティリティは、次回の再起動時にディスクチェックをスケジュールするように要求し、[はい]をクリックしてシステムを再起動します。再起動後にキーを押さないでください。チェックディスク(Check Disk)が引き続き実行され、プロセスが終了するのを待ちます。ハードディスクの容量によっては、全体で最大1時間かかる場合があります。

CheckDiskユーティリティでファイルシステムエラーを修正する

コマンドプロンプトでCHKDSKを実行する方法

1. Windows(Windows)ボタンを右クリックして、 「コマンドプロンプト(管理者)(Command Prompt (Admin))」を選択します。

コマンドプロンプト(管理者)。

2.cmdウィンドウでCHKDSK /f /rと入力し、Enterキーを押します。

3.次のシステムの再起動時にスキャンをスケジュールするように求められ、Yと入力して、Enterキーを押します。

CHKDSKが予定されています

4.より便利なコマンドについては、CHKDSK /?と入力してください。cmdで、CHKDSKに関連するすべてのコマンドを一覧表示します。

chkdskヘルプコマンド

また、以下を確認することもできます。

これで、Check Disk Utilityで(Fix File System Errors, including error code 2147219196 with Check Disk Utility)エラーコード2147219196( error code 2147219196)を含むファイルシステムエラーが正常に修正され、両方の方法でCHKDSKユーティリティを実行する方法を知っていることがわかりました。それでも疑問がある場合、または何かについてさらに質問がある場合は、遠慮なくコメントしてください。すぐにご連絡いたします。