Windows11/10のChromeにシークレットモードがありません

Chromeは、他のブラウザと同様に、プライベートブラウジングまたはシークレットモード(Incognito Mode)を提供します。このモードを使用して、アクセスしたWebサイトによって追跡されていないことを確認し、ターゲットを絞った広告を遠ざけることができます。ただし、いずれかのWebサイトにサインインした場合でも、それらのWebサイトはあなたをフォローできます。そうは言っても、Chromeで(Chrome)シークレットモード(Incognito Mode)が欠落していることがわかった場合は、 Windows 11/10Chromeでシークレットモードを有効にする方法を次に示します。

Chromeシークレットモードがありません

Windows10のChromeにシークレットモードはありません

Chromeシークレットモード(Incognito Mode)は通常、デフォルトで利用できます。何もする必要はありません。ただし、ここに表示されない場合は、Chromeで再度有効にする方法を説明します。以下のスクリーンショットは、モードが欠落していることを明確に示しています。モードが失われた主な理由は、レジストリ(Registry)キーの破損が原因です。キーによってこの機能が無効になっています。修正するのは簡単ですが、手順を完了するには管理者である必要があります。

Chromeに(Chrome)シークレットモード(Incognito Mode)がない場合、それを有効にするには、レジストリ(Registry)を次のように編集する必要があります。

  1. 実行(Run)プロンプトにregeditと入力し、Enterキー(regedit)押し(Enter)て、レジストリエディタを開きます。
  2. 移動(Navigate)先– HKLM\SOFTWARE\Policies\
  3. Chrome\Policiesを見つけて、DWORDIncognitoModeAvailabilityを見つけます(IncognitoModeAvailability)
  4. ダブルクリックして開き、編集します。
  5. Chromeでは(Chrome)シークレット(Incognito)モードが表示されないため、表示される可能性のある値は1です。
  6. シークレットモード(Incognito Mode)を有効にするには、0(ゼロ)に変更します
  7. [OK]をクリックして、レジストリを終了します。

パスが存在しない場合は、作成します。

シークレットモードを有効にするWindows10Chrome

Chromeブラウザを再起動すると、上のスクリーンショットのようにシークレットモード(Incognito Mode)が利用できるようになります。

これは、Chromeブラウザでシークレットモード(Incognito Mode)を有効または無効にする方法です。

シークレットモードで(Incognito Mode)Chromeを強制的に開く方法

DWORD IncognitoModeAvailabilityの値を2に設定することで、 Chromeを(Chrome)シークレットモード(Incognito Mode)で常に開くように強制することもできます。このモードで常に閲覧し、デフォルトモードを使用しない場合に便利です。ただし、強制的に設定されるため、シークレットモード(Incognito Mode)から通常モードに戻ることはできません。

DWORDIncognitoModeAvailabilityの値の意味は次のとおりです。

  • 0 =シークレットモード(Incognito Mode)が有効(デフォルト(Default)
  • 1=シークレットモードを無効にする
  • 2= Chromeを(Force Chrome)シークレットモード(Incognito Mode)で常に開くように強制します。

手順が簡単で、 Windows10の(Windows 10)Chromeシークレット(Incognito)モードを有効にできたことを願っています。

次を読む(Read next):Windowsで常にゲストモードでChromeを開く方法。