Windows10でクリーンブートを実行する

Windowsでクリーンブートを実行する

まず(First)、クリーンブートとは何かを理解する必要がありますか?クリーンブートは、最小限のドライバーとプログラムのセットを使用して(driver & programs)Windowsを起動するために実行されます。クリーンブートは、ドライバまたはプログラムファイルの破損によるWindowsの問題のトラブルシューティングに使用されます。(Windows problem)コンピュータが正常に起動しない場合は、クリーンブートを実行して、システムの問題(s problem)を診断する必要があります。

Windowsでクリーンブートを実行する

クリーンブートはセーフモードとどう違うのですか?

クリーンブートはセーフモードとは異なり、混同しないでください。セーフモードは、 (Safe mode)Windowsの起動に必要なすべてをシャットダウンし、利用可能な最も安定したドライバーで実行されます。Windowsをセーフモードで実行すると、必須ではないプロセスは開始されず、コア以外のコンポーネントは無効になります。したがって、セーフモードは、可能な限り安定した環境でWindowsを実行するように設計されているため、セーフモードで試すことができることはほんのわずかです。一方、クリーンブートは(Clean boot)Windows環境(Windows Environment)を気にせず、起動時にロードされるサードパーティベンダー(party vendor)のアドオンのみを削除します。すべてのマイクロソフト(Microsoft)サービスが実行されており、Windowsのすべてのコンポーネントが有効になっています。クリーンブートは、主にソフトウェアの互換性の問題(software compatibility issue)をトラブルシューティングするために使用されます。クリーンブート(Clean boot)について説明したので、それを実行する方法を見てみましょう。

Windows10でクリーンブートを実行する

「クリーンブート」を使用すると、最小限のドライバセットとスタートアッププログラムを使用してWindowsを起動できます。クリーンブートの助けを借りて、ソフトウェアの競合を排除することができます。

ステップ1:選択的なスタートアップをロードする(Step 1: Load a Selective Startup)

Windows Key + Rボタンを押し、msconfigと入力(msconfig)して、[OK  ]をクリックします(OK.)

msconfig /Windows10でクリーンブートを実行する

2. [全般]タブで(General tab under)、 [選択的なスタートアップ]( ‘Selective startup’)がオンになっていることを確認します。

3.選択的起動の下にある[起動項目の読み込み]のチェックを外します。(‘Load startup items)

Windowsでクリーンブートを実行します。 システム構成での選択的起動

4. [サービス]タブを選択し、[(Service tab)すべてのMicrosoftサービスを非( ‘Hide all Microsoft services.’)表示にする]チェックボックスをオンにします。

5.次に、[すべて無効に( ‘Disable all to)する]をクリック して、競合を引き起こす可能性のあるすべての不要なサービスを無効にします。

[サービス]タブに移動し、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]の横のボックスにチェックマークを付けて、[すべて無効にする]をクリックします

6. [スタートアップ]タブで、[タスクマネージャーを開く]をクリックします。(‘Open Task Manager.’)

[スタートアップ]タブに移動し、[タスクマネージャーを開く]リンクをクリックします

7.ここで、[スタートアップ]タブ( the Startup tab)(タスクマネージャー内)で、有効になっているすべてのスタートアップ項目を無効にします。( disable all )

各プログラムを右クリックして、すべてを1つずつ無効にします

8. [ OK ]をクリックして、[再起動]をクリックします。 (Restart. )これは、Windows 10で(Windows 10)クリーンブート(Clean boot)を実行するための最初のステップにすぎません。次のステップに従って、Windowsでのソフトウェア互換性の問題のトラブルシューティングを続行し(Windows)ください(software compatibility issue)

ステップ2:サービスの半分を有効にする(Step 2: Enable half of the services)

Windows Key + R buttonてから、「msconfig」と入力して[OK]をクリックします。

msconfig /Windows10でクリーンブートを実行する

2. [サービス]タブを選択し、[(Service tab)すべてのMicrosoftサービスを非(‘Hide all Microsoft services.’)表示にする]チェックボックスをオンにします。

次に、[すべてのMicrosoftサービスを非表示にする]/[Windows10でクリーンブートを実行する]の横のチェックボックスをオンにします

3.次に、[サービス]リスト( Service list)のチェックボックスの半分を選択して有効に(enable)します。

4. [OK]をクリックして、[再起動]をクリックします。  (Restart.  )

ステップ3:問題が再発するかどうかを判断します。(Step 3: Determine whether the problem returns.)

  • それでも問題が発生する場合は、手順1(step 1)手順2(step 2)を繰り返します。手順2(step 2)では、手順(step 2)2で最初に選択したサービスの半分のみを選択します。
  • 問題が発生しない場合は、手順1(step 1)手順2(step 2)を繰り返します。手順2(step 2)では、手順2で(step 2)選択(t select)しなかったサービスの半分のみを選択します。すべてのチェックボックスを選択するまで、これらの手順を繰り返します。
  • サービスリスト(Service list)でサービスが1つだけ選択されていても問題が発生する場合は、選択したサービスが問題の原因です。
  • 手順6に進みます。この問題の原因となるサービスがない場合は、手順4に進みます。

ステップ4:スタートアップアイテムの半分を有効にします。(Step 4: Enable half of the Startup items.)

この問題の原因となるスタートアップアイテム(startup item)がない場合は、 Microsoftサービス(Microsoft service)が問題を引き起こしている可能性があります。いずれかの手順ですべてのMicrosoftサービス(Microsoft service)を非表示にせずに、手順1と2を繰り返すMicrosoftサービス(Microsoft service)を特定します。

ステップ5:問題が再発するかどうかを判断します。(Step 5: Determine whether the problem returns.)

  • それでも問題が発生する場合は、手順1(step 1)手順4(step 4)を繰り返します。手順4(step 4)では、スタートアップアイテムリスト(Startup Item list)で最初に選択したサービスの半分だけを選択します。
  • 問題が発生しない場合は、手順1(step 1)手順4(step 4)を繰り返します。手順4(step 4)では、[スタートアップアイテム]リストで(Startup Item list)選択(t select)しなかったサービスの半分だけを選択します。すべてのチェックボックスを選択するまで、これらの手順を繰り返します。(Repeat)
  • [スタートアップアイテム]リストでスタートアップ(Startup Item list)アイテム(startup item)が1つだけ選択されていても問題が発生する場合は、選択したスタートアップアイテム(start item) が問題の原因です。手順6に進みます。
  • この問題の原因となるスタートアップアイテム(startup item)がない場合は、 Microsoftサービス(Microsoft service)が問題を引き起こしている可能性があります。いずれかの手順ですべてのMicrosoftサービス(Microsoft service)を非表示にせずに、手順1と2を繰り返すMicrosoftサービス(Microsoft service)を特定します。

ステップ6:問題を解決します。(Step 6: Resolve the problem.)

これで、問題の原因となっているスタートアップアイテムまたはサービスを特定した可能性があります。(item or service)プログラムの製造元(program manufacturer)に連絡するか、フォーラムにアクセスして、問題を解決できるかどうかを判断してください。または、システム構成ユーティリティ(System Configuration utility)を実行して、そのサービスまたはスタートアップアイテムを無効にするか、アンインストールできる場合はそれ以上にすることができます。

手順7:次の手順に従って、通常の起動で再度起動します。(Step 7: Follow these steps to again boot to normal startup:)

Windows key + Rボタンを押して「msconfig」と入力し(‘msconfig’) [OK]をクリックします。

msconfig

2. [全般]タブで、[通常のスタートアップ]オプション( Normal Startup option) を選択し、[OK]をクリックします。

システム構成により通常の起動が可能/Windows10でクリーンブートを実行

3.コンピュータを再起動するように求められたら、[再起動]をクリックします。 ( click Restart. )これらはすべて、Windows10でクリーンブートを実行するために必要な手順です。(Perform Clean boot in Windows 10.)

おすすめされた:(Recommended:)

  • Windowsエクスプローラ(Windows Explorer)が動作を停止しました[解決済み]
  • (Fix Restore Point)Windows10で(Windows 10)復元ポイントが機能しない問題を修正
  • DEPデータ実行防止(Data Execution Prevention))をオフにする方法
  • (Fix File System Errors)チェックディスクユーティリティ(Check Disk Utility)CHKDSK)を使用してファイルシステムエラーを修正する

これで、Windows 10でクリーンブートを実行する方法を(How to Perform Clean boot in Windows 10,)正常に学習できましたが、このガイドに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションでお気軽にお問い合わせください。